1. 岩手除雪ドットコム
  2. 屋根の雪下ろし作業

屋根の雪下し作業とは?

豪雪地帯で必要となる場合があるのが屋根の雪下しです。文字通り、住人が屋根にあがって積もった雪を下に下ろします。なぜこのような作業が必要かというと、雪の重みで家がつぶれる可能性があるためです。最近は温暖化のせいか、降雪量が少なくなったといわれています。とはいえ、豪雪地帯の山間部などでは積雪が1メートルどころか、東北地方では積雪が7メートルにも達した年もありました。とくに雪が水気を含むと、重量が増して危険になります。そのため、雪下しの作業が必要になるのです。

屋根の雪下し作業の危険性について

もちろん屋根に登るため、転落の危険性はたえず頭においておかなければなりません。とくに豪雪地帯では雪下し中の転落が珍しくありません。屋根は傾斜がついており、金属でできた屋根は大変滑りやすくなります。お年寄りが雪下し中に転落する事故が、毎年目立っています。そのため自治体によっては、雪下しが必要な目安を公開し、不必要に作業をしないよう呼びかけています。もちろん事故を減らすためです。また、どうしても雪下しが必要な場合でも、一人で作業をしないことや、滑りやすく屋根を直接踏まなくてもいいように工夫するなど、安全策が求められます。

屋根の雪下し作業手順

屋根の雪下しをするためには、まず滑りにくいように気をつけなければなりません。とくにスコップなどの道具を持って屋根に上がらなければならないので、バランスを崩さないように注意が必要となります。また気温の上がった日は、雪が溶けて滑りやすくなるので、なるべく気温の低いうちに作業をするなどの安全対策も必要となります。そのほかにも、屋根の下に人がいないか十分確認することにも気をつけなければなりません。雪下し中の事故を避けるためには、とにかく不要な作業を回避することです。家の戸が開け閉めしにくいなど具体的な兆候が出てからでも遅くはありません。

屋根の雪下ろし作業は実績のあるプロにお任せ下さい。

危険な屋根の雪おろし作業では、一般の人が行うと危険だと言われています。その理由は、やはり、「慣れていないこと」や「二人が必要な作業」だからだと言われています。とくに屋根が滑りやすい状態だと、作業中に事故に逢う可能性もありますのでご注意が必要です。岩手除雪ドットコムでは屋根の雪下ろしはもちろん、下ろした雪の除雪作業や排雪作業にも幅広く対応致します。1月から月の排雪の忙しいシーズンでも、当店は万全な状態で対応致します。当日の作業を希望の際は、当店の経験豊富な作業員スタッフが多数お待ちしておりますので、即日作業も可能です。屋根の雪下ろしのご要望なら、お気軽にお問合せ下さい。

Copyright© 2015 岩手除雪ドットコム All Rights Reserved.